今見るととても新鮮な「GONIN」

学生時代、私は深夜にやっていた映画に衝撃を受けました。

その映画は「GONIN」。佐藤浩市主演のバイオレンス・アクション映画です。

あらすじは、借金まみれのディスコオーナーの万代(佐藤)が、似たような

底辺にいる仲間を集めて暴力団事務所から金を強奪することを

画策する。

強奪は成功し、万代達は逃亡するが、やがて暴力団の追っ手が

迫っていた、という感じです。

とにかくバイオレンスっぷりが凄かったです。

そして石井監督の他の映画もそうなのですが、ヤクザ描写が怖すぎました。

仁義なき戦いに出てくるような、侠気あふれるヤクザものではなく

一般人から見てえげつないほどコワイヤクザでした。

なので、この作品のバイオレンスっぷりに拍車をかけてくれます。

もうひとつの見所は、今は主演をバンバンはるような俳優さんが

脇役で出てくることです。

本木雅弘や椎名桔平、そして竹中直人。

この竹中直人演じるサラリーマンがすごいです。

表現が見つからなくてすごいとしかいえません。

また、暴力団の追っ手役にビートたけしが出てます。この役も

出番は大して無いのに、強烈な印象を残してくれます。

当時の事故で眼帯をしてるのですが、これまたそれが得体のしれない

追っ手役のいい演出になってました。

今のぬるいフィクションものに慣れきっていると、たまにこのGONIN を

見ると頭を殴られたような気になります。

また久しぶりに見てみようかな。