カテゴリー: サスペンス

UNKNOWN (2011年 アメリカ)

最近一番楽しめた映画はこれ、UNKNOWN(アンノウン)。 2011年のアメリカの映画だ。 学会出席のためにベルリンを訪れた学者とその妻。

「ブラインドネス」の鑑賞後に思ったこと

なかなか良質で重厚な映画だったなというのが率直な感想です。 マイナス点は、どうしてもご都合主義な部分が垣間見え、なんだか興ざめしてしまうシーンがいくつかあった点です。 ただ、それぐらいのマイナス点で他の要素は非常に面白かった映画です。

クセになるSAWシリーズ

ホラー映画はあまり見ないのですが、SAWシリーズだけは 欠かさず見ています。

ジェイソン・ステイサム出演のロシアン・ルーレットの感想

ジェイソン・ステイサムのファンのため迷わずレンタルして鑑賞しました。 感想は、私好みの映画で非常に面白かったです。

男女6人の脱出劇を描くキューブ

キューブはカナダで作られた映画で、脱出劇を描いています。男女6人が目を覚ましたところ、立方体のトラップの張り巡らされた迷宮に放り込まれていました。そんなところから映画が展開します。

掘り出し物だった「バンク・ジョブ」

どれだけジェイソン・ステイサムが好きなんだと自分自身で思うぐらい、この方が出演している作品は鑑賞しています。 この「バンク・ジョブ」も例外ではなく、ジャケットにジェイソン・ステイサムを観ただけでレンタルするという行動に出ています。

ブラックスワンを観て、バレエの美しさにうっとり

 娘と私がバレエ教室に通っているので、「ブラックスワン」の映画が公開された時、気になって観に行きたいと思いました。

「ひぐらしのなく頃に」を観てある意味で泣いた。

面白い映画というものは、素晴らしい役者が素晴らしい演技をして、素晴らしい脚本があって音楽があってと 色々な要素が最高のレベルでまとまったときに面白い映画が出来るのだと改めて感じさせてくれた映画です。