任侠ヘルパーを観てきました

今日、任侠ヘルパーを観てきました。テレビシリーズも以前観ていて、とても面白かったので、映画も絶対観に行こうと決めていました。



主人公、翼彦一が劣悪な環境の老人介護施設に関わり、初めは暴力団の「しのぎ」として老人たちの年金や生活保護費をせしめ取っていたのが、次第に見捨てられた老人たちを守ろうとして変わっていく姿が感動的でした。



草なぎ剛さん、とてもかっこよかった。普段の草なぎさんはどちらかというとぼーっとしてたり(失礼)いじられキャラみたいなところがあるのですが、この映画では本当にクールで表情が全然違います。役になりきっている感じでした。



一方で実際にこんなふうに高齢者を食い物にするビジネスが横行しているのが今の日本の現状なのかと思うと、せつない気持ちにもなりました。



これからますます高齢化が進んで、実際に一人世の中に置き去りにされる高齢者が増えていくのかもしれません。そんな時、翼彦一のような男気ある人がいてくれたらいいけど…そんなことを考えてしまいました。本当に面白い映画でした。観て損はありません。